University of Hawai‘i at Mānoa, Outreach College – New Intensive Courses in English (NICE)

University of Hawai‘i at Mānoa, Outreach College – New Intensive Courses in English (NICE)
(ハワイ大学NICE)

ハワイ大学マノア校アウトリーチカレッジ直下の集中英語コース「ハワイ大学NICE」は、静かな落ち着いた環境のハワイ大学マノア校キャンパス内中心部に位置し、質の高い英語教育の機会、特にスピーキング、コミュニケーション能力向上に力を入れているプログラムとして有名な語学学校です。また、2006年には英語教育プログラム認定委員会、CEA(Communication on English Language Program Accreditation) から認定され、プログラムのカリキュラムが高く評価をされています。さらに、提供する語学指導とサービスの質において、最高基準を満たす学校のみによって構成される教育連盟の全米集中英語講座連盟、AAIEP(American Association of Intensive English Programs)の加盟校です。

ハワイ大学マノア校には、第二言語教育学部によって運営されている語学学校「ハワイ大学HELP」もありますが、主な違いとしてNICEの方は、よりスピーキング、異文化能力向上に重点を置いた内容になっています。また、幅広い学生のニーズに合う効果的な学習の場を提供するため、学生はアカデミック、ビジネス、コミュニケーションの3つのうちいづれかの集中コースに分けられ、充実したプログラム内容になっています。HELP同様、米国の大学でのキャンパスライフを味わえることも大きな魅力です。

当校は1学期10週間のコースです。またハワイ大学NICEに通う学生は学生ビザは取得する必要があります。当ページの「ビザに関して」をご確認ください。

Study Abroad With Disabilities: SAWD(ソード)及び運営のインウェブアウトの提携校であるカピオラニコミュニティカレッジにもハワイ大学NICEからたくさんの学生が進学しています。

Studying Abroad With Disabilities: SAWD(ソード)及び運営のインウェブアウトは、ハワイ大学NICEのオフィシャルエージェント(公式に提携及び日本の代理店契約をしております)です!

*下記の画像をタップ(クリック)すると拡大されます。

当校に入学をご希望の障害をお持ちの方は、こちらからご連絡ください。日本初の障害者向け留学サポートエージェントとして、障害をお持ちの生徒とハワイ大学NICEとの橋渡しを致します。


障害のある学生向け情報

KOKUA programと呼ばれるハワイ大学マノア校付属の障害者学生サポートオフィスによるサポートを受けられる可能性があります。入学時に下記の必要書類を揃え提出することで、障害者学生サポートオフィスによるサポートの範囲内でサービスを受けられる可能性があります。また、介助者を日本から連れて行き、クラス内での身体的介助が出来るような形やニーズに応えられるようにするなど、SAWD(ソード)が当校と密接に連携を取ることで、当校独自のサポートが出来るよう橋渡し致します。

医師による診断書(英文)
・病名、障害、状態、学業において必要な手配、等。
・学業において必要な手配について:ノートテイカー、テスト時間延長、トイレや食事等の身体介助、通学方法、等。

*提出した内容のサービスが必ずしも可能なわけではありません。あくまでADA法による合理的配慮の範囲内です。また、通学に関わるキャンパス外での公共交通機関については、TheBusやTheHandi-Vanなどの情報提供をSAWD(ソード)からも行っております。

その他、障害のある学生向け情報を知りたい方は、個別相談になりますので、ご相談ください。また、オフィシャルエージェントとして、願書の提出を含むすべての入学手続きを代行致しておりますので、ご相談ください。


Study Abroad With Disabilities: SAWD(ソード)に相談する

学校データ

基本情報

創立:1975年
留学生数:約150名
学生教授比率:約12-15:1
住所:2545 McCarthy Mall, Bilger 102 Honolulu, HI 96822
留学生用オフィス:NICE student office

コース・プログラム

現在ハワイ大学NICEでは、10週間集中英語コースと3週間集中英語コースの2種類がありますが、インウェブアウト及びSAWDでは10週間集中英語コースのみ取り扱っております。

1週間に必須科目である4種類のコアクラス(文法、リスニング、会話、スキル統合)を受講します。それぞれ初級~上級の5段階のレベルに分かれていて、コース初日にプレイスメントテストを受け、レベルが決まります。2学期間連続でハワイ大学NICEに通う学生は、通常1つのレベルを終了した後、次のレベルに上がります。

費用

Study Abroad With Disabilities: SAWD(ソード)にお問い合わせください。

入学時期

Study Abroad With Disabilities: SAWD(ソード)にお問い合わせください。

※願書提出締切及び授業料支払期限締切日は授業開始日1ヶ月半前です。
※学生ビザを取得される場合は、通常少なくとも2ヶ月前に入学願書及び提出書類一式取得申込をお願い致します。

ビザに関して

基本的にハワイ大学NICEに通う学生は、学生ビザが必要です。

入学基準

  1. 18歳以上
  2. 高卒であること
  3. 滞在中の健康医療保険加入者
    • 健康医療保険の加入は(学生ビザ取得後)、確実に入学が決まった時点で構いません。
    • 滞在期間中、健康医療保険の加入が必ず必要です。
    • 健康医療保険加入証明・保険証のコピーは、SAWDに提出する必要はありませんが、留学後、現地NICEオフィスに提示する必要があります。

確認事項

銀行預金残高証明書(英文):$7,925以上

*授業初日から6ヶ月以内に発行。

*下記の画像をタップ(クリック)すると拡大されます。

ロケーション

ホノルルにあるハワイ大学マノア校(UH)キャンパスの中心にあるキャンパスセンターの近くに学生オフィスは位置していますが、授業はキャンパス内の色々な場所で行います。



↑障害のない方で留学希望の方は「インウェブアウト留学センター」へ↑