Central Pacific College

Central Pacific College
(セントラルパシフィックカレッジ:CPC)

CPCは、2004年に設立された英語教育の専門機関で、一人ひとりに行き届く指導、講師への高度な訓練基準、多文化環境を作り上げる鍵となる英語教育を最重要視し、質の高い教育を英語圏で受けられる機会を提供しています。小規模のアットホームな学校のため、講師やスタッフはほぼすべての生徒の顔と名前を把握し、さまざまな局面で声をかけるなど、親身になって一人ひとりに対応しています。また、講師は生徒一人ひとりの学力到達度を把握し、学力を伸ばし、それぞれに適した指導を行っています。クラス編制は8名前後、「大人が選ぶ語学学校」としても有名で、平均年齢もやや高く、落ち着いた環境でしっかりと学ぶことができます。何より当校は「教育の質」と「価格」を大切にしています。生徒がいち早く学べる環境を整えること、そして一人でも受講しやすい価格にこだわっているところも特徴です。

さらにSAWD及びインウェブアウトの提携校であるカピオラニコミュニティカレッジにTOEFLスコアなしで進学することが出来る提携を結んでいます。

・当校の一般英語EPP(長期留学向け)を受講したい方は、学生ビザ(F-1)取得が必要です。
・当校の一般英語STEP(短期留学向け)を受講したい方は、学生ビザ(F-1)の取得は不要です(ESTA or B-2ビザでOK!)。

Study Abroad With Disabilities: SAWD(ソード)及び運営のインウェブアウトは、CPCのオフィシャルエージェント(公式に提携及び日本の代理店契約をしております)です!

当校に入学をご希望の障害をお持ちの方は、こちらからご連絡ください。日本初の障害者向け留学サポートエージェントとして、障害をお持ちの生徒とCPCとの橋渡しを致します。

*下記の画像をタップ(クリック)すると拡大されます。

障害のある学生向け情報

当校では、現在まで障害のある学生を受け入れをしたことはありませんが、学校側から出来る限りの協力をもらえる旨をもらっております。そして、当校のビルは車椅子でもアクセス可能となっており、トイレも障害のある方も利用できるようになっています。また、介助する方が一緒に行く場合、身体的なヘルプをするためクラスに参加出来るようSAWD(ソード)が橋渡し致します。

入学時に下記の必要書類を揃え提出してください。SAWD(ソード)が当校と密接に連携を取ることで、当校独自のサポートが出来るよう橋渡し致します。

医師による診断書(英文)
・病名、障害、状態、学業において必要な手配、等。
・学業において必要な手配について:ノートテイカー、テスト時間延長、トイレや食事等の身体介助、通学方法、等。

*提出した内容のサービスが必ずしも可能なわけではありません。あくまでADA法による合理的配慮の範囲内です。また、通学に関わるキャンパス外での公共交通機関については、TheBusやTheHandi-Vanなどの情報提供をSAWD(ソード)からも行っております。

その他、障害のある学生向け情報を知りたい方は、個別相談になりますので、ご相談ください。また、オフィシャルエージェントとして、願書の提出を含むすべての入学手続きを代行致しておりますので、ご相談ください。


Study Abroad With Disabilities: SAWD(ソード)に相談する

学校データ(2020年版)

基本情報

創立:2004年
授業料(1週間):約$308(EPP)+教材費+入学金等(詳細は下記の各料金部分をご確認ください)
留学生数:学生教授比率:8-13:1
入学時期:EPPはカレンダー記載の入学時期(年間12回の学期はじまり)から。STEPは毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、その他プログラム次第
住所:1221 Kapiolani Blvd. Suite 740 Honolulu, HI 96814

アカデミックカレンダー

2020年はこちら:::PDFはこちら

CPCではプログラム開始日に新入学生向けのオリエンテーションを実施しています。このオリエンテーションにご参加いただくことで、学校の規則やカリキュラムの内容について、または米国ビザ、ハワイ生活に関する情報を入手して頂きます。

  • EPP:プログラム開始日:第1、5、9、13月曜日
  • 5週間以上のSTEP:毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌日)
  • 1~4週間のSTEP:毎週月曜日

初日にお持ちいただく持ち物は、「パスポート(EPP長期プログラム受講者のみ)」と「筆記用具」です。

疑問・質問はいつでも日本語でお問い合わせください。

コース・プログラム

全ての料金はUSドル。ハワイ州税が含まれます。CPCでは、様々なアクティビティを企画しています。週1~2回平日の午後や休日に、BBQ、ロードトリップ、美術館巡り、スポーツ観戦、タロイモ畑での作業などに加え、お互いの母国語を教えあうランゲージエクスチェンジやサバイバル英語、イディオム講座、発音講座などのアカデミックワークショップも実施しています。そのほとんどの参加費が無料(一部実費のみ)なのもCPCの特徴です。

▼STEP(短期留学)=一般英語

Short-Term English Program (STEP)はビザ免除プログラム(ESTA)や観光ビザなどの生徒を対象とした短期留学コースです。F-1(学生)ビザの取得は不要。月~木:AM9:00~PM1:00、またはPM1:00~PM5:00の週16時間プログラムです。最短1週間からお申し込み可(最大で12週間の受講が可能)。1週間単位でお申し込みください。18歳以上。新規入学時期は毎週月曜日です。

費用

  1. 登録料(返金なし):$100+教科書2冊分$100~$120+下記
  2. STEP(1週間~):1-3週間$280、4-12週間$260

*1~3週間在籍する学生は教科書を貸し出し可能:1週間$20。

申し込む期間によって合計の授業料が変わります。

料金にはハワイ州税は含まれます。
上記は学生ビザ(F-1)の取得不要

▼EPP (長期留学)=一般英語

English Proficiency Program(EPP)は、英語学習での目標達成と個々の学習プランにより生徒の学力の向上や、学習の進歩状況をご自身で管理することができます。EPPの生徒の全体的な目標は、学生のコミュニケーション能力と学力を徐々に向上させ、流暢に英語を話す人になることを目指します。学生ビザ(F-1)の取得が必要です。月~金:AM9:00~PM1:00、またはPM1:00~PM5:00の週20時間プログラムです。最短4週間からお申し込み可。1週間単位でお申し込みください。18歳以上。新規入学時期は下記です。

新規入学時期

2020/1/13、2/10、3/9、4/6、5/4、6/1、7/6、8/3、8/31、9/28、10/26、11/23、12/28、

費用

  1. 登録料(返金なし):$150+教科書2冊分$100~$120+I-20送料$100(返金なし)+下記
  2. EEP(4週間~):週$308・4週間$1232、5-8週間週$302、9-11週間週$283、12-23週間週$256、以降、より安くなります。お問い合わせください。

申し込む期間によって合計の授業料が変わります。

料金にはハワイ州税は含まれます。
上記は学生ビザ(F-1)の取得必要です。学生ビザを取得して留学する場合、通常3ヶ月前にお申込みください。余裕を持った手続きを進めるためにも遅くとも1ヶ月半前までにお申込みください。

お申し込みいただいた後、基本的にどのクラス・コースも空き状況を確認致します。お申し込み多数の場合、ご参加いただけないか、参加日を変更していただくなどのご提案をさせていただくこともございます。特に「Club Keiki」に関しては、お早めにお申し込みください。

確認事項学生(学生ビザ(F-1)を申請する生徒のみ)

銀行預金残高証明書(英文):$20,532以上の額面をご用意いただくことをおすすめします。(1年/48週分の学費分および生活費($1000/月)を合計した金額)

  • 過去3ヶ月以内に発行されたもの
  • 上記の金額の銀行預金残高証明書をご用意できない場合は学校と相談し、I-20記載受講期間を短くすることで学生ビザが取れるようご相談にのることができます。お問い合わせください。

健康保険について

米国の医療費は高額です。当校としても渡米前に医療保険がカバーされた海外旅行保険に加入することを強くお勧めいたします。加入が完了いたしましたら加入証明証書もしくは保険証書のコピーをお送りいただきますようお願いいたします。

・当校の一般英語EPP(長期留学向け)を受講したい方は、学生ビザ(F-1)取得が必要です。
・当校の一般英語STEP(短期留学向け)を受講したい方は、学生ビザ(F-1)の取得は不要です(ESTA or B-2ビザでOK!)。

ロケーション

CPCはハワイ・オアフ島の人気エリアであるアラモアナにキャンパスがあります。学校から徒歩2分のアラモアナセンターやアラモアナビーチをはじめ、人気エリアのワイキキや近年開発が進み注目されているカカアコ地域に近く、オシャレなカフェやショップが多くあります。学校周辺には大きなバスターミナルもあり、本数も多いことから、通学が非常に便利です。



↑障害のない方で留学希望の方は「インウェブアウト留学センター」へ↑